PCの普及により現在では様々な人とのデータの交換が行われています。データを交換にはファイルの共有が多く使われています。

ファイルの共有は家族間や友人同士、または見ず知らずの人とも行う事が出来、様々な方法で活用されています。

日本経済新聞情報選びをサポートするサイトです。

データの受け渡しは直接会ってすれば良い、という方もいらっしゃるかもしれませんが、実際にUSBフラッシュメモリやDVD等にデータを移して別のPCに読み込むというのは中々の手間であり、同じ家に住む家族同士でも余程重要な事でなければつい疎かになってしまう事もあります。

また、遠くに住んでいる友人や中々予定が合わない友人に対しても即座に必要なデータを送る事が出来、メールとは違い大用量のデータでも関係なく送る事が出来る為大変便利です。また、同じ作業を何度もする必要が無い為複数人に同じデータを送りたい場合にも活用する事ができます。ファイル共有を使用するための方法は様々です。



同じ家庭内で使っているPC同士ならホームグループを作成する事によって簡単にファイルを共有する事ができます。


友人同士で使用するためのソフトやブラウザもあり、オンライン上で簡単にデータの受け渡しをする事が出来、職場の同僚や同じ趣味を持つ友人同士等は勿論、自分が撮影した写真等を不特定多数の人に公開する事も可能で実に様々な用途で使用する事ができます。



この様に非常に多くの利点を持つファイル共有ですが、その便利さゆえに悪用される事も多いので、使用する際には十分な注意が必要です。